お客様窓口

ご質問

食品添加物について教えてください。

回答

加工食品の品質の向上を図ることを目的に食品添加物を使用しています。
JAS規格(日本農林規格)では、厚生労働大臣が人の健康を損なう恐れがないと指定した食品添加物でも、加工食品の品質の向上を図るという観点から、食品ごとに使用できる添加物を制限しています。さらに、インスタントラーメンでは、JAS規格で使用が認められている添加物でも、技術でカバーできる場合には使用していません。
めんに使われている主な添加物は以下のとおりです。
◇かんすい・・・ラーメン特有の風味と独特のコシを高め、中華めんらしさをだすためには欠くことのできないものです。
◇増粘安定材・・・こんぶ、果物、豆の胚乳部などから得られる天然由来の多糖類で、めんの粘性を高め、滑らかさを増すのに使われます。2種類以上の使用で、増粘多糖類と表示できます。
◇乳化剤・・・多くは植物レシチンで、大豆油などを精製する時に得られる副成分で、製めん時に使用する油脂等を均一に分散させ品質を安定させる為に使います。その効果はでん粉の老化防止、ほぐれ性の改善、復元性の改善、食感の改良などです。
◇ビタミンE・・・大豆油などを精製する時に得られる副成分で、めんに含まれる油脂の酸化を防ぎ、保存性を高めるために使用します。
◇色素・・・ブドウ糖、砂糖などの糖類を熱処理して得られるカラメル、また紅花やくちなし等の植物の花や実から抽出されたものです。
◇栄養強化剤・・・不足しがちな栄養素を補給するもので、ビタミンB1、ビタミンB2、カルシウムを強化しているものがあります。

お客様の問題は解決されましたか?      はい    いいえ
ご意見・お問い合わせ
お電話から お客様サービス室 0120-585-328 〔受付時間〕 9:00~17:00(土・日・祝日を除く)※お客様とのお電話は、内容を正確に承るため、録音させていただいております。
ウェブサイトから
メールフォーム